債務整理をしてすっきりした。

三十代の私が考える遺言について

遺言というと暗いイメージがあります。ご参考までに立川 遺言が助けになります。
自分が亡くなった後のことについて書くものですから、死とつながったものというイメージからそのようなイメージがつくのだと思います。私は、三十代で、遺言には無縁な生活を送っていると思います。しかし、小学生の頃に一度友人と遺言を書き、お互いに託すということをしました。子供の遊びの延長に過ぎませんが。自分の大切なものを友人に譲るということ、好きな子に好きだったと伝えるということ。この二つを、お互いに書いていました。お探しにお困りであれば立川 家族信託がおススメです。
もしわからないことがありましたら立川 任意後見へ足をお運びください。
それを、穴を堀り埋めました。大人になった今でも、その友人とは仲良くしていますが、遺言について話すことはないですね。しかし、その友人は旅行が大好きで、一人で色々な場所に行くのですが、もし旅先で何かあったら、色々と伝えて欲しいことがあると、口頭で言われています。文字、形になってはいませんが、遺言のようなものを託されています。もしお困りのことがあれば立川 民事信託へ来て見てください。
まだまだ人生を終えるつもりはないですが、自分の死後、後悔しないように遺言は残しておきたいなと思います。もし何かありましたら立川 成年後見がお力になります。